9月6日~9日まで、今年で4回目となるアースウオッチジャパン主催の「石垣島白保のサンゴ礁調査~赤土堆積量と流出対策の長期モニタリングとサンゴ礁文化の体験~」をNPO夏花のコーディネートで開催しました。

 

海底の赤土調査

海底の赤土調査

3隻に分かれて赤土調査

3隻に分かれて赤土調査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海域では、赤土調査とサンゴ礁シュノーケリング行い、陸域ではこれまで植えられたグリーンベルトの月桃、糸芭蕉の生育状況調査を行いました。また、生活文化面では、農家民泊体験とそこでのヒアリングを行いました。

 

グリーンベルトの成育調査

グリーンベルトの成育調査

 

参加された8名のボランティアの方々は、今回のツアーに大変満足していただけたようで、既にリピーターの方もいらっしゃいますが、その他の方からも次回また参加したいという嬉しいお声を頂きました。夏花としても継続的な調査を続けることはとても意義深いことだと感じています。

 

まとめのディスカッション

まとめのディスカッション

 

このような環境保護、環境学習、そして地域住民との文化的交流の継続的活動が、サンゴ礁保全と調和のとれた村づくりへと繋がっていくことを改めて感じる調査となりました。

 

 

NPO夏花は、2015年からアースウォッチ・ジャパンと連携した赤土堆積調査とグリーンベルト活着状況調査に取り組んでいます。アースウォッチ・ジャパンの調査プログラム「石垣島白保のサンゴ礁調査」は、ボランティアが調査を担っています。この調査プログラムを通じて、グリーンベルトの活着状況をモニタリングする調査手法や、グリーンベルトの植栽箇所を記録する仕組みづくりに取り組んでいます。

→ アースウォッチ・ジャパン
→ アースウォッチ・ジャパン調査プログラム:石垣島白保のサンゴ礁調査

【協力】総合地球環境学研究所 地域環境知形成による新たなコモンズの創生と持続可能な管理

Written by NPO夏花