sarmin サーミン

sarmin(サーミン)

沖縄のサンゴの海のように、お部屋の空気もキレイにしたい

ひと吹きすれば月桃の香りが爽やかに舞い、その香りはすぐに消えて、お部屋をリフレッシュします。沖縄のサンゴ礁の海に赤土が流出しないように、畑の周りにグリーンベルトとして育てた「月桃(ゲットウ)」で作ったルームスプレーです。

サンゴ

サンゴの海を守る月桃ルームデオドラント

月桃の花 うりずんの季節(初夏)になると白い花を咲かせ、爽やかな香りで夏の訪れを知らせてくれる「月桃」。その昔から、防腐・防虫効果のある薬草として月桃は島の暮らしに欠かすことの出来ないものでした。その葉でモチを包めばムーチーというお菓子に、実を部屋の四隅に下げて虫除けに使いました。また葉はお茶としても用いられ、その種は香辛料としても使用されています。sarmin(サーミン)はこうした月桃の葉や茎を蒸留し取り出したルームデオドラントです。スプレーをひと吹きするだけでお部屋を独特の香りで包みます。

※sarmin(サーミン)とは月桃を示す島の言葉です。 売り上げの一部が白保のサンゴ礁保全に役立てられます。

 

sarminがサンゴ礁保全につながるしくみ

 

村をあげた保全への取り組み

“サンゴ礁文化”を引き継ぐ石垣島白保集落

地図 石垣島

白保集落
白保集落は東京から約2000km、沖縄本島から400km離れた八重山諸島の石垣島にあります。古くからの農村ですが、すぐ目の前にサンゴ礁が海と関わりの深い暮らしがここにはあります。

白保集落とサンゴ礁
昔から人々は農作業の合間に潮の干潮に合わせて海に下り、海の恵みを得てきました。また、屋敷の周囲にはサンゴで石垣を築くなど、美しい街並みを形成しています。沖縄一の豊かな農地は、サンゴの風化した土壌からなります。農業に関わる神事や祭事の中にも海とのつながりが見られ、まさに「サンゴ礁文化」といえる海と人との関係があります。この白保のサンゴ礁は世界最大級のアオサンゴ群落をはじめとする数々のサンゴや色とりどりの魚が棲む、生物の楽園といえる場所です。

白保集落とサンゴ礁

村をあげた保全への取り組み

月桃の苗植え白保集落では「白保魚湧く海保全協議会」を設立し、サンゴ礁を集落みんなの財産と位置づけ、その保全に取り組んでいます。その一つとして、畑の周りへ「月桃(ゲットウ)」という、ショウガ科の在来植物を植え、畑からの赤土と呼ばれる表土の流出を防ぐ「グリーンベルト大作戦」を行なっています。根がしっかりと槌を押さえた月桃を植えることで、海の環境を悪化させ、サンゴの現象の一因となっている畑からの赤土の流出を防ぎます。しかし、グリーンベルトの設置は、畑の面積を狭くし、農作物の収量を減少させるため、農家の負担を軽減する解決策が必要でした。

※「赤土」とは、沖縄の島々に見られる、粒子の細かい赤茶色の土のことです。

グリーンベルト植物の商品化

白保日曜市白保のおじぃ、おばぁが受け継いで来た伝統的な手業や自然の素材を利用する知恵を活用した地場産業づくりに取り組む「白保日曜市」のメンバーが、この問題の解決に取り組みました。その結果、「月桃」の葉や茎から蒸留し、取り出したのがこの商品です。グリーンベルトに植えられた「月桃」が経済的な価値を持つことで、農家の負担を減らしてサンゴ礁保全も進むことが期待されます。

住友生命保相互会社は、石垣島白保で実施されている、サンゴ礁保全のための持続可能な地域づくり活動を応援しています。

 

サンゴ礁に迫る危機

現在、地球温暖化による影響(白化現象)や土砂の流出などにより地球上のサンゴ礁が減少しています。既に世界の27%のサンゴ礁が消滅し、今後30年間のうちに世界のサンゴ礁の60%が消失するとの報告があります。かつて、白保サンゴ礁は“奇跡の海”と呼ばれました。沖縄本島やその他の島々で、開発やオニヒトデの大発生などによりサンゴが死滅する中で、白保にはアオサンゴ群落をはじめ健全なサンゴ礁が残されていたからです。しかし、近年、ここ白保でもサンゴの減少が顕著に現れており、アオサンゴ群落など一部を除いて大幅に減少しています。

サンゴ減少の要因

 

サンゴとサンゴ礁

サンゴはまるで石や植物のように見えますが、実はクラゲやイソギンチャクと同じ「刺胞動物(しほうどうぶつ)」というグループに入る、れっきとした動物です。

枝のようなミドリイシ 花びらのようなコモンサンゴ 大きな塊のハマサンゴ
枝のようなミドリイシ 花びらのようなコモンサンゴ 大きな塊のハマサンゴ

このサンゴがたくさん積み重なってできた地形のことをサンゴ礁といいます。白保にはサンゴ礁を作るタイプのサンゴが120種も生息しています。

サンゴ礁は海の熱帯林

サンゴ礁は地球上の海の面積の0.2%にすぎませんが、海洋生物の1/4の生活に関わっているといわれており、まさに生物多様性の宝庫です。

サンゴ礁は海の熱帯林

白保の魚の多様性 WWF生物調査より

インカチ周辺 約80種 サンゴ群落 180種 サニズ漁 30種以上
インカチ周辺 約80種 サンゴ群落 180種 サニズ漁 30種以上
復元されたインカチ(海垣)の生物利用状況を調査。価値の岩に棲みつく魚もみられます。 定点にラインを引いて魚や底生動物の数を調査。小型種が多く記録されます。 白保に復元したインカチを使った漁体験。大型の魚がよくかかります。

 

サンゴの海を守る 月桃ルームデオドラント sarmin(サーミン)

月桃を蒸留して作ったルームデオドラント sarmin。畑の周りに月桃を植えることで、雨で川をつたって海に流れ込みサンゴ礁を脅かしている赤土の流出をくいとめまています。サンゴ礁保全につながる商品、サーミンの爽やかな月桃の香りをぜひお試しください。

用途
お部屋の芳香・消臭
生産地
沖縄県石垣市白保
抽出部位
茎・葉
抽出方法
水蒸気蒸留法
内容量
100ml
内容
月桃 蒸留水 エタノール
 

※飲用及び直接身体に使用しないでください 
※お子様の手の届かない冷暗所に保管してください